スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

初めてご覧になる方へ

このblogの管理人 knacke < クネッケ > です。
2006年12月 食後の尿糖から自身の糖尿病を自覚し、血糖測定器を購入。
糖尿病についてのこれまでの経緯は旧knacke便をご覧下さい。
殆どを日々のつぶやきが占めておりますので、DMのカテゴリーを
ご覧頂くと手間が省かれるかと。

血糖自己測定をしていたおかげで
自分の耐糖能の日内変動を知ることができました。
朝食(その日の最初の食事なので昼食の場合も)では、耐糖能が悪くないです。
これについては個人差があり、真逆で朝が一番耐糖能が悪い場合や
ほぼ変化が見られない場合もあり、個人差の大きいところです。

この朝の耐糖能が悪くないことを活かし
朝食に野菜+蛋白質食品に、カーボ50g分の主食や主食代わりの物を摂るスタイルで
かなりゆるめのカーボカウント / 糖質量に注意する食生活をしています。
昼食と夕食は基本主食なしで、食後血糖値の暫定ピーク140mg/dl内を目標に
自分の耐糖能で処理できるカーボ量をMAXとしています。
しかしながら、時々暴走することも・・・・・。

まとまったカーボを摂取する朝食や、実験と銘打ったカーボ摂取
暴走と言う名のカーボ摂取など、こういった食生活を含めた日常を綴っております。
病態によっては複雑な管理が必要な方もみえますので
不快に感じることがあるかもしれません。
これ以上、読み進めない方が宜しい場合もございます。

また、運動については
一食のカーボ量を食後高血糖を来さない程度にしているので
血糖値を下げる為ではなく空いた時間に
簡単な筋トレ+踏み台昇降を、週5~7日、30分~1時間行っています。

やったり、やらなかったり、長らくサボりがちでしたが
2010年は、運動習慣のある生活を取り戻すべく頑張りたいです。

病態や病状、おかれている環境、嗜好には個人差があります。
カーボカウント / 糖質量を注意する食生活については
投薬・インスリン使用の方は医師に相談なさって下さい。
食事療法・運動療法のみの方も自己責任でお願いします。

自分の耐糖能の確認、または好奇心により行ったカーボ摂取実験の結果や
ローカーボ主食・おやつをエントリーしていますが
これらを取り入れたことにより、病態に変化があっても一切の責任は負いません。

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …

カーボとは英語のcarbohydratesの略で炭水化物を指します。
炭水化物=糖質+食物繊維ですが
血糖値を上げるのは炭水化物の中の糖質となります。
2008-01-01 : ハジメマシテ : コメント : 0 :
« 前のページ  ホーム

My Profile

knacke

Author:knacke
いつ発症したのか2型糖尿病
自覚したのは2006年も終わりの頃
半ば依存気味で血糖値測定しまくり
見えてきたのは、耐糖能の日内変動
朝イチ耐糖能のみマシ
=モーニング・マジックな私です

Seach

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。