スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

耐糖能改善 !? その2 - 嗚呼ラビリンス -

139

今回の実験 アップ は月経前症候群の影響(耐糖能低下)を受けない期間に行っていますが
2007年の実験が月経前症候群の期間だったかどうかは不明。
女性ホルモンによる血糖値への影響を見た実験では → ホルモンの潮汐
月経前症候群の期間とそうでない時期で、暫定ピークの差は20~35mg/dlとなっています。
2007年11月と2009年1月の実験の暫定ピークの差は39~46mg/dlになりましたが
この差が月経前症候群によるものなのかどうか。
前回の実験の頃の測定記録を見ると、いすれもカーボ20gで140mg/dl台に
カーボ30gで限りなく200mg/dlに近い値になっているので
月経前症候群の影響による差ではないように思うのですが。

カーボを制限した食生活を送っていると耐糖能が低下すると言われています。
糖尿病専門医だった最初の主治医にもそう言われました。
ブドウ糖負荷試験をする場合も実施前3日間は150g/1日はカーボを摂らないと
結果が悪くなる(耐糖能が悪くなる)そうです。
私は耐糖能が変化するのに必要な積極的なカーボ摂取の期間も知りませんが
この変化が見られる病態の方でも、個々によりその期間は違ってくるのでしょう。

2007年11月この頃、ごくたまに暴走することもありましたが
今よりずっとカーボ摂取量は少ないです。
その後、昨年2008年はインスリン分泌のタイミングを狙ったり
カーボの消化吸収の遅延を使ってカーボを摂取しているので摂取量は増加しています。
また、クリスマス~年末年始でさらにカーボ増量 ← それで200超えした

またネット上で読んだことのある記述で
うろ覚えな上に記載されているページを見つけることができていないのですが
カーボカウントを提唱する糖尿病専門医の医師が
カーボカウントにより血糖コントロールを続けた場合でも改善するのに1年(だったか?)かかると
言われたと読んだことがあります。
カーボカウントにより減量し、インスリン抵抗性が改善した場合のことを指すのではなく
(これについてはリアルタイムの方が多いのでは)
膵臓なのか?肝臓なのか?代謝能力が改善する意味と捉えたのですが
私の場合はあったであろうインスリン抵抗性が改善した後の耐糖能はずっと同じままでした。
それがこの変化とは、ようやく「その時」が来たのでしょうか。

カーボを制限している場合と、カーボカウントしつつもこまめにカーボを摂取してる場合
食生活に違いのある実験となったわけですが
ここ一ヶ月程、日常に摂取しているカーボ量が増量したため、耐糖能が改善したのか。
2年のローカーボ&ゆるゆるカーボカウントで膵臓が休むことができ、耐糖能が改善したのか。
相乗効果か。

嗚呼ラビリンス。

現在の私の病態は、暁現象などの影響はなく
朝一番の血糖値も空腹時血糖値も70~80mg/dl台です。 
その日最初の食事(せいぜい昼頃まででしょうか?)では
原因不明のままですが、その後の食事に比べ耐糖能が良いです。
反応性低血糖は低血糖までいなかくても、時折あるらしい。
食後高血糖を見ない場合がごくごくたまにあります。

もし、私のこの結果がカーボ増量によるものであったとしても
同じような病態の方でも、発症した原因は様々ですし
ある程度インスリン分泌能力が低下した方や
肥満以外の原因でインスリン抵抗性がある方など
もしかしたら、変化がない。もしくは悪化してしまうかもしれない。

私自身、何が原因かはっきりしないと思っていますし
この結果どうよ!カーボ増量キャンペーン作戦おすすめ!
ってわけにはいかないと思っています。
代謝と病態は千差万別で、それぞれに合った最善の方法も違い
数ある方法から自分の生活の質にあった方法を選択するのは
医師の判断に頼りたい部分もありますが、最終的には自己責任なのかしらね・・・。
ただ私の身に起こった事実としてこの記事をアップしました。

私としては、糖質+蛋白質の実験を
月経前症候群の期間が来る前にとっとと済ませちゃって
クリスマス前の食生活に戻したいと思います。
だって・・・やっぱカーボ増量は付くんだもの
ほら、耐糖能改善でインスリンがせっせと身にしたものだから、もー大変
母が帰ったし運動も再開したわ~筋肉痛がさぼってた期間を実感させるの~

私の選択は愚かなのかもしれません。
でも体重を維持できて、食べたくなったら時々暴走して
愚痴を言いながらも、この食生活が私にとって精神的にもその他にも色々と楽なのです。
これで、耐糖能が2007年に戻ったら
今回の耐糖能の改善はカーボ増量が原因の一つだったと言えるのかも?
スポンサーサイト
2009-01-11 : DM : コメント : 2 :

耐糖質改善 !? その1 - ラビリンス再び -

2009年最初の実験はこれにすると決めていました。
過去にやりたいと書いたし → 記事 有言実行せねば。
まぁ・・・高血糖を確認するための測定は度々していましたけどね

糖質と蛋白質を同時に摂取すると、糖質だけを摂取した場合より
インスリンが2倍分泌されたデータがあるそうです。
カステーラさんのblogの記事「タンパク質は呼び水になるか? 」
コメントのやり取りは大変興味深いものです。

1 糖質30g摂取
2 糖質30g+蛋白質30g摂取
食前→食後1hr→食後2hrで血糖値の推移を見ていきます。
インスリン分泌量はわからないので
体内でアレがこうなって、コレがこうして、色々あって~~
の結果である血糖値しか見えないわけですが。

糖質30gを含む食品には羊羹を選びました。
羊羹でせっかくの糖質を30gも摂りたくなかったのですが
2007.11に行った単独カーボ摂取の限界カーボ量を調べる実験で
羊羹を使っているので → 「血糖値ラビリンス」
耐糖能のチェックもできるのではと思いまして。

141
カーボ30gの羊羹・・・食パンなら6枚切1枚に相当。
どっちがいいかは、あなた次第。

139

食前血糖値が下がり切っていないと、残り物のインスリン効果で
血糖値のピークが低くなるので、食前血糖値が下がり切るまで待って実験しました。
70台だったのでグルカゴンの影響を懸念したのですが大丈夫だったみたい。

2009.1.8の実験では食後1時間は座りっぱなしというわけにはいきませんでした。
ごく軽い家事はしましたが、影響あるのでしょうか。
食後下手に動かないようにと、予め血糖下がりそうな家事は済ませて
実験に挑んだのですけどねぇ。食後1→2時間はあまり動いていません。

なので追試。

2009.1.10は食後、ほぼ座りっぱなしで過ごしました。
私は二度ブドウ糖負荷試験を行っていて
そのどちらも30分値より1時間値の方が高く暫定ピークになります。
でも、30分値も気になり測定してみた次第。 女の勘ね。
すると1時間値は下がる傾向にありました。
似たような内容の食事をしても暫定ピークの時間がずれることは経験済み → ホルモンの潮汐

今年最初の実験は私を相当驚かせました。
そして再びラビリンスに陥らせることに・・・・・。
2009-01-11 : DM : コメント : 0 :
ホーム

My Profile

Author:knacke
いつ発症したのか2型糖尿病
自覚したのは2006年も終わりの頃
半ば依存気味で血糖値測定しまくり
見えてきたのは、耐糖能の日内変動
朝イチ耐糖能のみマシ
=モーニング・マジックな私です

Seach

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。