スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

起床時血糖値のゆくえ

タイトルは大袈裟ですが毎度内容は薄いです。
比較も考察もない結果のみ。

1月にインフルエンザに罹患した時
起床時血糖値は70~80mg/dl台で、いつもと変わりがなかった。
その1週間後に家族が不在なのを良いことに出歩き
カーボ祭り&アルコール摂取(糖類ゼロチューハイ 350ml)で
イレギュラーな過ごし方をした。
しかも、よく歩いたので筋肉痛も2日程続いた。

22時~からチューハイを飲み、おかずを食べ、寝倒した揚句の
翌日の起床時血糖値は100mg/dlだった。初の3桁。
一晩寝れば間違いなく2桁を出す、鉄板の基礎分泌が減少したか。
月のバイオリズムは関係ない時期。
インスリンの効きが悪くなる程の・・・(下を見る)・・・まだ 大丈夫なはず。 ダブダブしてるけど
見えない その他の抵抗性の可能性は「?」だけれども。

アルコールを摂取しながらの糖質摂取については
もちろんその両方の総量やタイミング、肝臓の働きによって
血糖値への影響は個人差が大きいもののようだ。
そのアルコール摂取が関わっているのか?
カーボ祭りの影響か?
筋肉痛の影響も否めない。
センサーを替えたばかりだが、そのことが関係するのかもしれない。

初めての3桁の起床時血糖値に
いよいよ、あるポイントを通過したのかと覚悟さえした。
数日、起床時を測定してみたが
97、92、95・・・と、90mg/dl台が続く。
けれど、毎朝測り続けるのも面倒なので
しばらく放置して、また測定してみることに。
気に病んでばかりいたら、そのストレスで更に上がりそうだよ~

一ヶ月位ほっとこう・・・(長過ぎる!?)と思ったら
うっかり一ヶ月過ぎてたよ!
その間、食後血糖値は測定することはあったが
納得いかない高め数値を叩き出すこともなく。
納得のいく高め数値はありますが。 (え !?)

昨夜は・・・ちょっとカーボは多めだった。
先日から再入隊したビリーで軽い筋肉痛があるが、昨夜もヘロヘロと やっている。
ビリーは何度落ちこぼれても、脱退しても
いつだって「ビリーズブートキャンプへようこそ!」と 迎えてくれる。
お尻とか二の腕とか痛くて・・・うっとりしています(謎)

果たして、久しぶりの起床時血糖値は 81mg/dl だった。
その後も 85、83・・・と、80mg/dl台が続く。
なんだったのだろう?
思い当たることの一つに原因があるのかもしれないし
全てかもしれないし、重なった故かもしれない。
よくわかんないね。

でも、70mg/dl台の起床時も見ない。
空腹時の場合は、時々あるけれど。滅多に、そこまで空腹を放置しないし(苦笑)
センサーによってやたら70mg/dl台が頻発することもある。
80→90と、単に十の位に変化があったことに、心象が悪いだけで
実は変化と言えるものでもなかったのかも。
変化には注意していたいが、まだ 心配がいる数値ではない。

2008年 夏の終わりの 謎の耐糖能悪化(戻った)→ (click)
あれで耐性ができたのか、動揺は最小限に抑えられた気がする。

け、け、血糖値め!お前なんかに、い、い、いちいちビビるかよ!
って、ビビるんだな。
DM歴も4年目になりますのに。
スポンサーサイト
2010-02-28 : DM : コメント : 0 :

ギフオフ

松さん、とうこさん、私の3人でお店巡りオフ。
可児、多治見、土岐・・・
窯元が多く、陶器祭りが開かれる焼き物の街として知られていますが
この辺りは雰囲気の良いお店も多く、なかなかのスポットなのです。

今回は、第一の目的であるギャルリももぐさ と、その周辺ということで
多治見を楽しむオフとなりました。

寡黙なドライバーは、後ろの初顔合わせのお2人のお喋りに耳を傾けながら 東へ東へ
一度に二つのことができないので、運転に集中。
子にも交差点と駐車場では、話しかけるな!と言い渡してあります。

明治時代の古民家が移築された山の中は静かなのです。
廊下のキシという音さえ響く静寂。

なので、その前に。

ギャラリーに腹の虫が響き渡っては困るので腹ごしらえ
肉料理にサラダバイキングが付くお店に。
私が多治見に遊びに行っていた頃は
健常者と軽く勘違いをしていたので、パンやスイーツのお店しか知りません。
多治見に行くにあたって、急遽 探したところ雰囲気はステキならずとも
胃袋的にステキなこのお店を見つけました。

サラダをモリモリ、チーズハンバーグ+ソーセージをガッツリ。
そして、松さんが焼いてきて下さった大豆粉のロールパン。ふわっふわっ
病気にまつわることなどを話しながら食べていたら
いつの間にか皿の上が空になっておりました。

いよいよお待ちかねのギャラリーへ。
出会えたら良いなと思っていた豆皿はなかったけれど
好きな空気に触れられて良かったです。
私はここの錠前や、柱や、電灯などをじっくり、と 言うか
じとーっと 見るのが好きなのです。
ももぐさの空間、久しぶりに堪能してまいりました。

ほど近い場所にある初めて行ったオサレスポット。
ネットで見たことのあるお店が集結していました。
5店舗中2店舗はベーグル、パスタ、とそれぞれ用のないお店(苦笑)
お目当ては店主が名古屋在住のネットショップの実店舗。
布と雑貨のお店で、客層は20~30代ナチュラル主婦かしらん?
「自分、ちょっと (いや、かなり) 違うぞ」と自覚はあるのに、どさくさで入る。
夏までに・・・もう少し絞って・・・無地のTシャツを着た時に付けたいネックレスを買いました。

土岐川沿いのギャラリー&雑貨&レストランのお店は
ザワザワという水の流れの音も好きな場所。
ここも古い建物で、大正末期に建てられたタイル張りの洋館の佇まいが良いのです。
ギャラリーは展示がなく、雑貨店は二階へ引っ越し中で残念。

私の買い物に付き合って頂いて、飛び込みで入ったカフェで休憩。
こちらコーヒーが出てくるのは遅かったけれど
古い建物をリノベートしてあって、トイレなど面白い作りになっていました。

ずっとそこにある・・・と 言うような古さに、何とも惹かれてしまう。
多治見はそれに出会える場所が多くて好きだなー

糖尿病のコントロールについては
自分の性格や、生活や、守りたいQOLのベースが決まってきて
ちょっとした迷いや悩みも含みつつ
当面、こんな調子でいこうと淡々としている。
参考にしたいことのつまみ食いはするけれど
新しいことと、正しいこと。その全てを吸収するのは、今の私にはお腹が一杯。
一度に二つのことができないと、上記に書いた私だけれど
そんな今だから、発覚前に好きだった空気に また触れたくなったのかな
2010-02-25 : オフ記 : コメント : 2 :
ホーム

My Profile

knacke

Author:knacke
いつ発症したのか2型糖尿病
自覚したのは2006年も終わりの頃
半ば依存気味で血糖値測定しまくり
見えてきたのは、耐糖能の日内変動
朝イチ耐糖能のみマシ
=モーニング・マジックな私です

Seach

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。