スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

血統書付き

先日、母が受けた特定健康診査の結果が返ってきたそうです。
「お母さん、糖尿に注意って言われたよ~」と言うので

!! なんですって !?

心で叫び、動揺を隠しつつ結果を見る。

HbA1c 5.5%

微妙な数値に、どうよ?どうなのよ?どう考えたらいいのよ?
70才を超えた母はBMI 18 と華奢な体つき。昔から食は細くはないが大食いもしない。
ストレスに弱く体も弱い。膵臓だってくたびれても不思議はない。
親の老いを目の当たりにするのは辛いけれど、仕方のないことかも。
どういう訳か、空腹時血糖値の結果がなかったけれど
このHbA1c は何かが起こっている値だよねえ・・・
今すぐどうこう言う数値でもないし、循環器系の主治医には
「食べ過ぎないように。運動もするように」と、言われたそうだ。

食べ過ぎないようにって・・・この年寄りが何をたらふく食べると言うのか・・・
運動もするようにって・・・どこへ行くにも徒歩だし家事全般やっているのに・・・
実にアバウトで、斜め上を遠い目で見てしまう 

野菜、肉、魚、卵は今まで通り食べていいから
ご飯、パン、麺類、芋の主食系を少し減らしてみたら?
お茶漬けや、うどんだけ、パンだけ、ではなく、なるべくおかずも一緒に食べてみたら?
おまんじゅうなら一度に全部食べずに半分ずつ食べてみたら?
食べてすぐ寝ない、寝る前に食べないことに気を付けてみたら?

DM2年生の私は~みたら?という、消極的なアドバイスしかできない。
食べたら食後30分~1時間後に運動なんて言えなかった。
自分もそんなしばられた生活のリズムが嫌でローカーボ生活なんだし。
そんなアドバイスはしたものの、もう70超えてるのよ?あれこれ我慢したり、無理に頑張るよりも
思うように生活していってもいいんじゃない?という思いもある。
もう1人しかいない親なのだから、長生きをしてもらいたいのはやまやまだけど。
負担なくできることだけ、ぼちぼちやってみるって方向がいいのかもなー

「お母さん、この年で糖尿なんかになっちゃったら
 大変だし、もう終わりだわって心配になったわー」

あのーカミングアウトしてないし、今後もするつもりないけれど
目の前にいる娘は、そのもう終わりのDMですから!
DMだった父を見てきたから、イメージだけではなく そう感じるのでしょう。
DMを放置して脳梗塞を発症し、本人もだが母も大変だったはず。

そう言われても 悲しいとか、悔しいとか、全然感じなかったけど
それが世間一般のDMの印象そのものなのだろうと思った。
ただ母自身は細身だし、暴飲暴食の人ではないので
生活習慣を正せない人の成れの果てというイメージは持っていないようだ。

DMだけど、まだ終わらないわよっっ
亡くなった父はバリバリの2型DMだったし、母も寄る年波が原因かその気配。
なんだか血統書付きの由緒正しい2型DMって感じだわ。
2008-08-11 : DM : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

ひどい話――だろうと考えますが、さて?
 状況をちゃんと把握できないのですが、医療機関側は、深く考えもせず、言っているだけじゃないでしょうか? 
 つまり、knackeさんに、こう言うように……。
「現状の生活から考察すると、あなたは50年以内に確実に死にます。死に至る病に、注意しましょう!」

 毎日生きていること自体、死に至る病なのよね。
 医者の言うことを真に受けていたら、病気になります。
2008-08-13 00:32 : YCAT URL : 編集
YCATさんへ
YCATさん、こんばんは。

>状況をちゃんと把握できないのですが、医療機関側は、深く考えもせず
>言っているだけじゃないでしょうか? 

母が内科全般お世話になる主治医・・・
とても、人間味のある方で 娘としても、ありがたく安心してお任せしています。
深く考えない指導は、改善の結果は生み出すことはなく
食べ過ぎないように!もっと歩かなきゃ!といった、ストレスだけを生んだ・・・
母の場合に限ってはこういう印象です。
母の考える 食べ過ぎない→あっさりした物にする→・おにぎり・そうめん・うどん→血糖値的にイタイ
主治医個人にうぬぅーー!と言うよりも、医療機関全体に何だかなぁ…って気持ちでした。
70才過ぎでHbA1c5.5・・・どうこうなる前に寿命が来るんじゃないか?
かの河合さんも70歳過ぎたら飲んだくれると書いていましたっけ・・・
母には、もう楽しく生きてくれぃと願うんですよね。
2008-08-13 21:42 : knacke URL : 編集
 こんにちは。
 私の母は2型です。
 どう見ても、暴飲暴食が原因ですが。

 さて、老人福祉施設勤務の私ですが、A1c5.5%ぐらいの人は結構おります。そのうちの殆どの人は運動なんてしていないし、施設の普通食たべてます。
 でも、糖尿病が悪化する人なんてほとんどいません。
 なぜでしょう?

 あんまり根拠の無いことを言うようで恐縮ですが、70歳過ぎてその数値であれば、これまでのインスリン分泌能や抵抗性の進展速度はたいしたこと無いはず。大きく生活が変わらないのであれば、その進展曲線を外挿すれば今後の進行なんてたかが知れているというものです。
 (外挿は信頼性ありませんが)
 むしろ心配なのは糖尿病を気にするあまり、食べ物を控えてしまうことですよね。
 もちろんご存知の事だと思いますが、ちょっぴり太っていた方が感染症からの立ち直りは早いです。
 重みがある立場からの助言は結構なショックであったことでしょうけど、臨床検査結果に*印がついてくるような定型句にしか過ぎませんよ。

 話半分、参考程度に受け流してください。 
2008-08-17 14:23 : どらねこ URL : 編集
どらねこさんへ
どらねこさん、コメントありがとうございます。

>さて、老人福祉施設勤務の私ですが、A1c5.5%ぐらいの人は結構おります。
>あんまり根拠の無いことを言うようで恐縮ですが、70歳過ぎてその数値であれば
>これまでのインスリン分泌能や抵抗性の進展速度はたいしたこと無いはず。大きく生活が変わらないのであれば
>その進展曲線を外挿すれば今後の進行なんてたかが知れているというものです。
>(外挿は信頼性ありませんが)

以前、ご自身が1型の医師の方の持論が「歳をとればみんなインスリンが出なくなる」と、教えて頂いたことがあります。
例外もあるでしょうが、私は納得しちゃったんですけどね。
年をとって、生活のリズムを大きく変化させる方も少ないと思いますが どうでしょう?
であるならば、病気の今後の進行がたかが知れているかどうかは わかりませんが・・・そうであるといいな。

>むしろ心配なのは糖尿病を気にするあまり、食べ物を控えてしまうことですよね。
>もちろんご存知の事だと思いますが、ちょっぴり太っていた方が感染症からの立ち直りは早いです。
>重みがある立場からの助言は結構なショックであったことでしょうけど
>臨床検査結果に*印がついてくるような定型句にしか過ぎませんよ。

この暑さですしね・・・ちゃんと食べて欲しいものです。
母と回転寿司に行ったら、あさり汁・かんぴょう巻・丸ごと一匹の炙りあなごの握り一貫
これだけしか食べませんでした。我慢してるのではなく、これ位の量しか食べないのです。
減らす必要なしって感じです。野菜は寿司屋なので摂れていませんけど。
減らせ減らせというよりも、食べ方だと思います。
医師の言葉は、個人ごとの生活習慣の把握はないでしょうし
年齢のことは考慮したかなあ?とも思いますので、実に「*印」的なものだと感じました。
それが、ちょっと やれやれ・・・みたいな気分でした。
母も私も、気にし過ぎない方が良いみたいですね。ありがとうございました。
2008-08-17 20:03 : knacke URL : 編集
« next  ホーム  prev »

My Profile

knacke

Author:knacke
いつ発症したのか2型糖尿病
自覚したのは2006年も終わりの頃
半ば依存気味で血糖値測定しまくり
見えてきたのは、耐糖能の日内変動
朝イチ耐糖能のみマシ
=モーニング・マジックな私です

Seach

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。