スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

低糖質な粉と血糖値 (粉の話 3)

Carbquikで作ったドロップビスケットはおいしかった。(しつこい)

【Carbquikの成分 Serving Size (32g) 1Biscuit】
熱量 90kcal
糖質 2g(炭水化物 16g-食物繊維 14g)
総脂質 6g(うち飽和脂肪酸 1g)
蛋白質 6g

この表示を鵜呑みにすれば
「あ~おいしかった!」で済むのですが
Carbquikで作った食品は、表示している糖質分以上に
血糖値を上げる話が見られますので
自分の体でも検証しておかねば、安心して使えないわけです。

【友人のLUNAさんの実験】
*その1*
・パンケーキ(Carbquik32g+水+オリーブオイル少々 Net Carbs 2g)
・ハムエッグ(卵2個、ハム2枚)
・ブラックコーヒー

食前      101 (単位mg/dl)
30分後    122
1時間後   130 (+29mg/dl)
1.5時間後 127
2時間後   112

*その2*
・ドロップビスケット(Carbquik51g+水 Net Carbs 3.2g)
・バター

食前       94 (単位mg/dl)
1時間後   136 (+42mg/dl)
2時間後   106

LUNAさんの場合、いずれもイレギュラーな食前血糖値になっているそうです。
その2に関しては、空腹時が長過ぎたため若干上がり傾向の食前血糖値でのスタート。
グルカゴンの悪戯が影響しているのかどうか・・・。
いずれにせよ、同時に蛋白質+脂質または脂質を摂っているにも関わらず
表示糖質量の割に上昇している印象を受けます。

【knackeの実験】
・ドロップビスケット(Carbquik64g+水 Net Carbs 4g)

187
目を離したら焼き過ぎましたよ。

食前       84 (単位mg/dl)
30分後    107
1時間後   126 (+42mg/dl)
1.5時間後 113
2時間後    97

許容範囲内のピークですが、糖質表示についての感想としては芳しくないですよ。
食したドロップビスケットには蛋白質12gと脂質12gを含むので
これがインスリン分泌刺激や糖質吸収遅延に、どれ程影響があるのかわかりませんが
先だっての、なごやん実験では単純カーボ約30gで90mg/dl上昇し
糖質1gで血糖値が3mg/dl上がっているので
その結果から単純に考えると14gの糖質を摂った計算になってしまう。

Carbquik Serving Size (32g) 1BiscuitのNet Carbsは2gではなく
私の代謝では 7g !?

私って、強烈なアミラーゼ(でんぷん消化酵素)の持ち主!?
ていうか、やっぱりCarbquikが表示するNet Carbsって
吸収されないであろうカーボ量が推測でしかなくて
消化吸収されないカーボ量は各々の消化吸収能力に左右されるのか?

ではCarbquikを使わないかっていうと、おいしいので使います。
Serving Size (32g) 1Biscuitの糖質は約7gでカウントしておきます。
私の場合一食に32gならば無問題で、64g使うならおかずと組み合わせれば大丈夫かな?
ただCarbquikって酵素強化小麦とか、高蛋白質の特許小麦粉や、小麦繊維とか
わけわかならい材料が多いのが・・・ねぇ・・・?
手作りできる、ローカーボパンや、おから蒸しパン
購入し易い、大豆パスタやこんにゃく麺と併用して偏らないようにしたいです。
2009-04-28 : DM : コメント : 6 :
コメントの投稿
非公開コメント

すごいー
すごい勉強になります。
亜美さんの話と同じように、難消化性の物質も、実際の吸収量にはかなりの個人差があるみたいですね。

ローカーボ加工品?はとてもおいしそうなのですが、どちらかというと、小細工した(言い方悪くてすいません)糖質制限食よりも、きちんと計られている糖質をできるだけとらないように計算する方が、カーボカウントはしやすい気がします。

海外製の(日本もそうかもしれませんが)表示を鵜呑みにして血糖値を計らずに食べている人がいると心配ですね。
2009-04-28 22:12 : 松 URL : 編集
松さんへ
松さん、こんにちは。コメントし難い記事に反応して下さってありがとう(笑)

> 亜美さんの話と同じように、難消化性の物質も、実際の吸収量にはかなりの個人差があるみたいですね。

アトキンスバーね。ローカーボの甘いバーは注目していましたが、お高いんですよね。
亜美さんの結果は私も驚きでした。糖アルコール分以外にもカーボがありそうですものね。

> ローカーボ加工品?はとてもおいしそうなのですが
> どちらかというと、小細工した(言い方悪くてすいません)糖質制限食よりも
> きちんと計られている糖質をできるだけとらないように計算する方が、カーボカウントはしやすい気がします。

おっしゃる意味よくわかります。糖質が高めの食品でもちゃんとカウントして取り入れれば
真っ当に消化されるだけ安心で安全ですよね。
ただ、カーブクイックは お味と蛋白質・脂質のバランスが私にとって絶妙なのですよね。
自分の代謝でどう血糖値に影響するか検証した上で取り入れたいと思っています。
でも、体調如何でそれも変化があるかもね・・・

> 海外製の(日本もそうかもしれませんが)表示を鵜呑みにして血糖値を計らずに食べている人がいると心配ですね。

発覚直後、特保のお茶をおまじない気分で飲んでいました・・・
でも、やっぱ血糖値上がるしね?と測定データを見てやめました。
それでも海外のローカーボ製品のような表示は特保の商品はされていないので
海外製品のNet Carbs表示には要注意ですよ!
反応は薄いかもしれないけれど、気を付けて~~!のメッセージを込めて
ネットの海にこの記事をポチョンと投げ入れてみた次第です。
2009-04-29 13:09 : knacke URL : 編集
すごく興味深く、じっくり繰り返し読みました。
なんだか、小麦からでんぷんを抑えるために色んなことして、
一所懸命頑張ってるんだなあ、ということだけは
しっかりわかりました^^;
工場を見学してみたい…

加水分解って、単純に水に浸けてるだけなのかと思ったら、
酵素とか使ってるのですね…。
確かに安全性が気になるところ。

けど、とても気になるカーブクイック^^
私も購入して実験してみようと思います^^/

舶来品のNet Carbsはあまりあてにならない、ってことで
成分表をチェックして自分の体で実験して
どのくらいの量なら大丈夫っていうのを把握してから利用しないと怖いですね。

とても勉強になるレポ、ありがとうございました!
2009-05-02 02:32 : 亜美 URL : 編集
亜美さんへ
亜美さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

> 加水分解って、単純に水に浸けてるだけなのかと思ったら、
> 酵素とか使ってるのですね…。
> 確かに安全性が気になるところ。

私も理解できてなくて、商品によって工程は違うのかもしれないので一概には言えないのかも。
酵素が関わる加水分解自体の安全性については、私は理解できないのですが
難消化性デキストリンも種類によってはkg/dayに限界量を決められているものもあります。
それって摂取し過ぎると人体に不利益が生じる恐れがあるんだよな~?と考えるのですが・・・
日本ではその量の規制はされていないんですよねー

> けど、とても気になるカーブクイック^^
> 私も購入して実験してみようと思います^^/

アメリカカップ(240ml)の1/3量でnet carbs2gでした。私の体では今回の実験では7g(苦笑)
これを踏まえた上で使えば、かなり優秀な粉だと思うんですよ~
舶来品ローカーボ食材に日本のローカーボ食材をmixさせたら面白いかな!?
おからパウダーなんて加えて、さらにローカーボ&ローファット!?なんてね。
亜美さんの記事の通り、日本ならではの低糖質な食材も、身近でありがたいものですよね。
ただ、レシピの表示カーボも計算すると合わないのでご注意を。

> 舶来品のNet Carbsはあまりあてにならない、ってことで
> 成分表をチェックして自分の体で実験して
> どのくらいの量なら大丈夫っていうのを把握してから利用しないと怖いですね。

アトキンスバーの濃厚そうなネーミング・・・グッ☆と来ます。
あれはソイジョイにはないフレーバーそろってますからね。ガッツリ甘そうな♪
同じカーボなら、その時の気分で食べ分けることができたら最強だと思ってしまいます。
この病気、とことん自衛が必要なようで・・・人生逞しく参りましょう!(笑)
2009-05-02 13:42 : knacke URL : 編集
遅レスですが・・・
カーボクイック、3度目の質問メールを送ってみましたが、やはり応答なし。・・・こうなったら直に電話するしかないか!?

私は、実験結果が予想外に悪くて「なぜこんな数値になるんだ?」と疑問に思っても、ついつい面倒くさい検証はパスしてしまうので、こうやって掘り下げて考えるknackeさんて偉いな~と思います。
カーボクイック、美味しいですよね~。つじつまの合わない数値が出ても、それでも私も安全(だろう)圏内で楽しみたいと思ってます。
アメリカは、ローカーボ&シュガーフリー製品がたくさんあって便利ですけど、本当にNET CARBSには要注意です!
2009-05-05 17:35 : LUNA URL : 編集
LUNAさんへ
LUNAさん、おはようございます。GWも終わりですねぇ・・・

> カーボクイック、3度目の質問メールを送ってみましたが、やはり応答なし。・・・こうなったら直に電話するしかないか!?

日本の企業にもメールってしたことがないので、どういう反応をするのかわかりませんが
アメリカの企業的には、この反応はどうなんでしょう?
訴訟社会ということで、消費者側にはこまめに対応していかないと
いつ訴訟に持ち込まれるかって感じなのかな?って思っていました。
私は粉本体?が1/3アメリカカップ=32gは蛋白質6g、脂質6gで
カーボは検証結果から私の代謝では7gと暫定的にカウントしようと思います。
ただ吸収するカーボが多いとなると、若干熱量も多くなりますね・・・
レシピごとに総カーボを計算して、自分が食べる分で割った方が確かだものね。
取り合えず水でこねるだけでおいしいので、カウントするのにとても楽です(笑)

> 私は、実験結果が予想外に悪くて「なぜこんな数値になるんだ?」と疑問に思っても
> ついつい面倒くさい検証はパスしてしまうので、こうやって掘り下げて考えるknackeさんて偉いな~と思います。

え!全然です。新しい物食べる時に、毎度毎度検証してないんですよ。
これはいかにもnet carabsが怪しくつかんでおかねばと思いましたが。
あとパスタも検証してからでないと、恐くて食べられないですね~

> カーボクイック、美味しいですよね~。つじつまの合わない数値が出ても、それでも私も安全(だろう)圏内で楽しみたいと思ってます。
> アメリカは、ローカーボ&シュガーフリー製品がたくさんあって便利ですけど、本当にNET CARBSには要注意です!

ホント この粉、おいしいです。私は未だドロップビスケット以外作ったことがありません(笑)
その水の量も本来のレシピ通りでないので、全然ドロップできなくて、スコーン生地位の硬さ。
しかも最近では粉だけ計量したら、あとジャーって適当に水を加えてます(笑)
「おぉ入れ過ぎたよ」ってこともありますが無問題・・・出来上がりがフカフカになるだけですもの。
手をかけていろんな材料を加えて作ると、それはもうおいしいのができそうですよね!
私も安全圏内で使いたいな。おかずと一緒なら、そう悪さ(高血糖)はしない・・・ハズ・・・?

アメリカのスーパー楽しそうだなぁ~
LUNAさんにいただいた、バタースコッチ風キャンデーはすっごくおいしかったです。
ラカントからもバタースコッチフレーバー出して欲しい!
2009-05-06 08:03 : knacke URL : 編集
« next  ホーム  prev »

My Profile

knacke

Author:knacke
いつ発症したのか2型糖尿病
自覚したのは2006年も終わりの頃
半ば依存気味で血糖値測定しまくり
見えてきたのは、耐糖能の日内変動
朝イチ耐糖能のみマシ
=モーニング・マジックな私です

Seach

.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。